うつ病のチェック・診断について

うつ病チェック・診断は自分でもある程度できる

このエントリーをはてなブックマークに追加

「うつ病は、精神・心の病気だから正確な診断はできない」と言われることもあります。確かに、血液検査などの理学的な検査は現在のところ存在していません。一昔前までは、医師ごとの主観によってうつ病となったりならなかったりすることがありました。

しかし、現在の医療・精神科の現場では、アメリカの医学会が作成した「DSM−4」という比較的明快で客観的な診断基準を使って診断をくだしています。この基準を紹介していきましょう。もしも、うつ病の傾向・可能性がある場合には精神科を受診するようにしましょう。

※DSM−4を元に、医学知識がない人でも分かりやすいような説明に改変をしています。

うつ病の診断基準


以下の1〜9までのうち、5つ以上に該当することがまず必要です。1か2については、少なくとも一方に当てはまらなければいけません。

そして、各症状が2週間以上継続し苦しさを感じたり、生活への支障がでている必要があります。明確に他の病気だと分かるような場合や、妄想・幻覚にすぎない症状の場合にはカウントしません。

  1. ほとんど毎日、一日中憂鬱な気分が続く(強い抑鬱状態)
  2. 一日中ほとんどの活動で楽しさや興味などを持てない(感情の変化がほとんどない)
  3. 食欲が減退・増加している。又はダイエットしていないのに体重が激しく上下した。
  4. 眠れない・寝すぎる
  5. 激しく焦燥感(イライラ)を感じたり、反応が弱くなったりする
  6. 疲れが溜まりやすく、気力もわかない
  7. 何ごとにも価値を感じない。または、過剰に自責の念を感じる
  8. 思考能力や集中力がなくなる。決断することが難しくなる。
  9. 死について繰り返し考える(死の恐怖・自殺願望)。

3と4については、食欲減退・不眠だけではないということに注意をしておきましょう。1週間のうち5日以上、10時間より多い睡眠を取っている場合には過眠状態に該当します。

実際の診察


以上の基準に当てはまっている・・・と自分が思っているだけでは診断は下りません。精神科を受診し、診断を下してもらわなければなりません。

上記で紹介した基準は、少し曖昧な文章で書いてあります。実際の症状が、本当にその項目に該当しているかどうかを、専門知識を持っている医師が判定をしてくれるのです。

診察では、具体的な症状や経緯などを自分の口でしっかりと説明することが重要となってきます。隠したりごまかしたりすると、正確な診断を下す妨げとなってしまいます。医師を信頼して、率直にありのままを伝える必要があります。

なお、上記の基準に達しない場合でも、症状が数個ある場合には「軽症うつ病」と診断されることもあります。この場合も治療が必要となってくるので、気になった場合には診察をしてもらいましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加