うつ病の治療方法について

うつ病の治療方法は大きく分けて3つある

このエントリーをはてなブックマークに追加

うつ病の治療は簡単ではありません。中には、うつは治らないと思っている方もいるみたいです。しかし、時間はかかりますが適切な治療を行うことで、うつは治すことができます。うつ病治療の基本は休息を取ることです。これに加え、薬物療法や精神療法を織り交ぜて社会復帰を目指していきます。

十分な休養が重要


うつ病になると、意欲・行動力が起きなくなってしまいます。うつになる人はマジメなタイプの人が多いので、それで自分を責めてしまう場合もあります。

それでも上手くできないため、ますます落ち込んでいくのです。この「悪循環」を断つためにはためには、「何もしないこと」が「仕事・やるべきこと」だとしっかり認識することが大切です。

うつ病は、ストレス・疲労などが原因で活動力がなくなってしまった状態です。これを治療するためには、エネルギーを回復させるのが一番なんです。

うつ病を長引かせてしまうと、会社・家族などにより負担をかけてしまいます。しっかりと休んで早く回復することがうつ病患者の一番の仕事です。そのためには、何もしないこと、これが基本なんです。

※非定型のうつ病の場合、多少無理してでも仕事や勉強を行っていくことが重要と言われています。「何もしたくない」という心理も強いでしょう。しかし、少しずつ自分のできる範囲で行動をしていくことが重要です。

薬物療法


休息を取るだけでも、ゆっくりと症状は改善していきます。ですが、辛い状態が長く継続してしまうのは好ましくありません。自殺のリスクもあります。そこで、速やかに症状を緩和するために、薬も使って治療していくのが治療の基本です。

抗うつ剤については、批判なども多い現状が見られます。ですが、適切に医師の指示を守って服用することで、確実な効果を得ることができます。用法用量を守って、ある程度長期間服用していくことが大切です。薬を使うと、症状を解消するだけではなく、再発を防ぐこともできます。

精神薬については、『薬物療法』のページで更に詳しく解説しているので、参考にしてください。

精神療法


休息・薬物療法以外にもうつ病の治療方法は存在しています。心に対して直接働きかけていく方法です。これを「精神療法」とよびます。いろんな方法が存在していますが、最近注目されている治療法。それは、認知療法です。具体的な方法については、『認知行動療法』で詳解しています。

精神療法は、症状の改善のほか、再発防止などに有効と言われています。が、即効性はあまりありませんし、時間もかかるので、休養と薬の服用を中心として補助的に取り入れていくようにしましょう。


PS.脳内の活性酸素を除去することができる水素水を活用したうつ病治療の研究が世界中で注目されています。水素水の健康効果については、水素水まるわかりを参照ください。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加