うつ病治療の実態について

うつ病治療の驚くべき実態とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

うつ病になってしまった場合、精神科を受診して治療をうける必要があります。治療方法の基本となるのは、十分な休養と薬物療法、そしてカウンセリングです。本来、投薬治療と並行して、カウンセリングを行わなければ、再発・再燃の危険が高くなってしまいます。

しかし、現在精神的な治療(カウンセリング)を適切に実施できる精神科医は少ない状況にあります。このページでは、理想とされる治療と、現実の地領の乖離について説明をしていきます。

理想的なうつ病治療とは?


うつ病の治療方法は、以下の3種類があります。

  • 静養
  • 投薬治療(抗うつ剤などを投与する)
  • 精神療法(患者さんの精神面に直接働きかけていく方法)

以上の3つの方法を有機的に関連付けながら治療することで、早く症状を緩和させることができます。また、うつ病が再発してしまうリスクも抑えることができます。

うつ病治療の実態


理想とされている治療方法は、必ずしも実際の治療で実施されているわけではありません。本来3つの治療方法をバランスよく行っていかなければならないのに、投薬治療だけに力を注いでしまっている・・・そんな実態が存在しているのです。精神治療は、色々な方法があります。が、どれも投薬と比べると非常に難しい治療となります。

うつ病かどうかの診断だけでも苦労するのに、それに加えてカウンセリングも・・・となると、「割に合わない」と思ってしまう医師も少なくはないのです。しかも、投薬での治療と比べると、目に見えた効果も確認しづらいのが特徴です。医師が嫌がるだけではなく、患者の側も嫌がる傾向にあります。

精神治療の重要性


うつ病には、「なりやすい傾向・癖」というのが存在しています。これを改善していかない限り、何度も再発を繰り返してしまう可能性があるのです。考え方一つ変えただけで、治る速度も大きく変わってきます。とはいえ、考えていることなどを医師に事細かく伝えるのには、抵抗があるでしょう。

「考え方を変える」という響きから、「洗脳」に近いものを思い浮かべてしまう方もいるかもしれません。しかし、精神治療はツラい治療方法ではありません。話したくないことまで先生に話す必要・義務はありませんし、人格まで変わってしまうような治療方法は行いません。

治療の詳細について気になる人は、『認知行動療法』も参考にしてみてください。カウンセリングの重要性は、医師・患者双方がしっかりと理解していく必要があります。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加