抗うつ薬の副作用について

抗うつ薬には副作用がある

このエントリーをはてなブックマークに追加

うつ病治療の基本は、十分な静養と投薬治療です。うつ病の治療薬といえば、抗うつ剤です。抗うつ薬は、「強い」薬なので一般の薬よりも強い副作用が現れます。効き目が出るのに2〜3週間ほどかかるのに、副作用は即日出るような場合がほとんどです。薬の種類によって副作用の種類なども違ってきます。

抗うつ剤の特徴


抗うつ薬は、効き目が出るまである程度期間が必要となります。飲んですぐに効果が出るようなタイプの薬・病気じゃないのです。それに反して、副作用はかなり早くでてきます。

副作用がつらくて服用をやめてしまうような方もいます。が、自己判断で薬をやめてしまうと病状が悪化したり、思いもしないような作用が現れてしまう場合もあります。医師や薬剤師と相談をして、量や種類を調整してもらうようにしましょう。

うつ病治療の薬の種類と副作用


SSRI:セロトニンだけに作用する薬。副作用が比較的少ない

うつ病治療の第一選択薬となっているメジャーな抗うつ薬ですが、吐き気など消化器への副作用が出ることが多いです。飲み始めが特につらいので、胃腸の保護薬を合わせて処方してもらうといいでしょう。

SSRIの副作用も参照のこと

SNRI:セロトニンとノルアドレナリンにだけ作用する薬

SSRIの次に副作用は少ない抗うつ薬です。尿の量が少なくなったり、喉が乾いた感覚を覚えたりします。前立腺肥大症を持っている人が使ってしまうと排尿がより困難となってしまいますので禁忌とされています。

三環系抗うつ薬:一番作用が強い抗うつ剤。その分副作用も最も強い

強い口の渇きや、排尿困難、眠気、だるさなどの症状が強く表れます。

四環系抗うつ薬

三環系の薬と同じような症状が出ますが、副作用は軽減されています(SSRIやSNRIよりは強いと言われています)。

スルピリド:食欲を改善する薬

ホルモンの分泌に影響を与え、月経不順などを起こしてしまうことがあります。

トラゾドン:SSRI同様セロトニンにだけに作用する薬

体温上昇や震え、意識の障害などの副作用があります。

炭酸リチウム:躁うつ病に使われる、気分安定剤

一度に摂取できる量が厳密に決められており、それを越えたしようをするとリチウム中毒が起きてしまいます。この場合、小脳に障害が出てしまいます。

カルバマゼピン:躁鬱に用いられる気分安定剤

皮膚に重度の発疹が出てしまうことが稀にあります。

バルプロ酸ナトリウム:元はてんかん治療薬。気分安定剤として使われる
体重増加などが稀にみられます。

薬を処方してもらう際には、きちんと説明を受け用法用量を守って使用するようにしましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加