うつ病のタイプについて

うつ病にはいくつかのタイプがある

このエントリーをはてなブックマークに追加

うつ病と一言にいっても、様々なタイプが存在しています。躁うつ病などは有名でしょう(これについては、『うつ病と躁うつ病の違い』のページで解説しています)。他にも、非定型うつ病・仮面うつ病・季節性うつ病というのも存在しています。

ここでは、いろんなうつ病について簡単に紹介していきましょう。

定型うつ病(大うつ病・単極性うつ病)


様々な呼び名を挙げていますが、「うつ病」というと一般的にこの病気のことを指します。このサイトでも、単にうつ病といった場合には定型うつ病を指していることがほとんどです。このタイプは、強い抑鬱状態が長期継続します。

躁うつ病(双極性障害)


強い憂鬱状態と、極端に元気になる躁状態との双方が認められる状態です。双方の症状が同時にでる混合状態は、うつ病の中でも自殺の危険性が特に高いと言われています。

非定型うつ病(新型うつ病)


いわゆる「うつ病」とは違う特徴があることから、「非定型」と呼ばれています。

定型うつ病の特徴は・・・

  • 食欲減退
  • 不眠
  • 自責的
  • 感情の起伏がなくなる
  • 朝方の気分の落ち込み

これに対して、非定型うつ病では・・・

  • 過食
  • 過眠
  • 他責的
  • 気分の変化
  • 夕方から夜にかけての気分の落ち込み

などが認められます。

うつ状態が常に続くわけではないので、ただの我侭だと思っている人も少なくはありません。しかし、うつ病であることには違いないので、気分が落ち込むときには普段では考えられないような強い落ち込みが生じます。

下向きの感情が特に強くなるのが非定型うつ病と考えると分かりやすいでしょう。治療方法は、基本的には定型うつ病と同じ薬を使っていきます。

仮面うつ病・微笑みうつ病


これらは、定型うつ病の初期症状をだと言われています。仮面うつ病とは、精神的な症状よりも先に身体症状が現れているうつ病のことです。体のだるさなどが長期間続き、どんな治療をしても治らない場合には仮面うつ病の可能性があります。この場合、抗鬱剤を使うと症状が緩和されます。

微笑みうつ病は、周囲に心配をかけまいとして常に微笑を浮かべている状態を指しています。まだ笑みを浮かべるだけの余裕がある状況ということができますが、精神的には強い負荷がかかり続けるので早めの治療が重要です。

季節性うつ病


北ヨーロッパなど、冬が長い地域でよくみられる病気です。冬の間にだけ発症するタイプのうつ病で、日本でも発症が確認されています。強い光を当てる治療方法が有効だと判明しています。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加